豊洲市場ドットコム

2017年06月26日

日清食品 黒歴史トリオ

7月3日、日清食品から「黒歴史トリオ」というカップ麺3商品が発売になるそうです。

過去に一度発売になったものの、諸般の事情により売れ行きが伸びず、発売中止となった「黒歴史」を持つという商品です。


その “諸般の事情” につき、日清食品側は「時代が追いついていなかっただけ」としています。

今こそ「本気を見せるとき」なのだそうです。


発売となる3商品は以下の通りです。


日清食品 カップヌードル サマーヌードル

カップヌードル-サマーヌードル.png

トムヤムスープをベースにレモングラスをきかせたカップ麺です。

1995年の夏に発売されました。

当時はレモングラスの存在も広くは知られておらず、エスニック料理も今ほど一般化していなかったので、受け入れられなかったのだそうです。


日清食品 どん兵衛 だし天茶うどん

どん兵衛-だし天茶うどん.png

ほうじ茶をベースとしたカップうどんです。

2002年に “お茶ブーム” に合わせて発売したものの、受け入れなかったそうです。

当時のキャッチコピーは「あっさりこってり」。

“出汁ブーム” の今なら、受け入れられると信じての再発売です。


日清食品 焼そば 熱帯U.F.O.

熱帯U.F.O..png

タイ風(パッタイ風)の甘辛いエスニック焼そばです。

2002年の夏に発売になりました。

当時はエスニック風焼そばが一般化していなかったので、受け入れられなかったとのことです。


以上の3商品が、再発売になるのですが、この中では「焼そば 熱帯U.F.O.」がとても食べてみたいです。

というよりも、パッタイ味であれば、エスニック料理ブーム前であっても普通に受け入れられたはずなのにと思います。


あくまでも、個人的な見解ですが、エスニック風にしようとして、味を少し辛くしてしまったのではないでしょうか。

商品説明の「甘辛い」という部分がとても引っ掛かります。


パッタイはとても美味しいですが、決して辛くはありません。


この手の商品を開発する人は、まずはエスニック料理を理解するところから始めるべきだと思います。



posted by おは子 at 16:02| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする