楽天市場

2017年03月17日

スタビライザー

サンコーレアモノショップにて、デジタル一眼のサイズに対応したスタビライザー「3軸電動カメラスタビライザーPro」(MDLRSTB2)の発売が開始されるようです。





スタビライザーというのは、動画カメラの手ぶれや揺れなどを解消する装置のことで、映画の世界では、「ステディカム」などと呼ばれていました。


スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」などが、このステディカムを使って撮影されています。

カメラレールなどをひかすに、滑らかな移動映像を撮影することが可能で、「シャイニング」ラストの “雪の迷路のシーン” や、ホテル内を走る三輪車のあとを追いかけるカメラなどがこのステディカムです。


ビデオカメラのレンズなどについている「手ぶれ補正」とは違い、カメラの揺れそのものを除去する(というより揺れの振り幅を大きくする)ので、まるで空中浮遊しているかのような映像が撮影できます。


そして、このステディカム(スタビライザー)は時代と共に小型化され、今では、スマホ用の、まるで “やじろべい” のような超小型のスタビライザーもあるようです。


そして、今回発売となる「3軸電動カメラスタビライザーPro」ですが、これは、デジタル一眼対応のサイズということで、やじろべいとステディカムの中間ぐらいの大きさになるでしょうか。


  こちら >> デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro MDLRSTB2...


個人的には、大きすぎず、華奢でもなく、丁度良い大きさのような気がします。

アーム(グリップ)の使い方も多様で、スマホにも対応できるそうなので、これは、なかなか使い勝手が良いのではないでしょうか。



posted by おは子 at 14:26| デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする