豊洲市場ドットコム

2017年03月11日

辛辛魚らーめん

「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」というカップ麺が発売されています。




名前からもわかるように、とっても “辛い” ラーメンです。


このカップ麺を特徴づけているのは「特製辛魚粉」という “辛い” 粉末です。


唐辛子と鰹荒粉から出来ているこの粉を「これでもか」と言わんばかりに山のようにかけて食べます。

こうすることにより、辛いだけではなく、とんこつと魚介の風味が絡んで一体化するのだそうです。


このカップ麺のベースになっているのは、練馬区の石神井にある人気ラーメン店「麺処井の庄」の「辛辛魚らーめん」です。


麺処井の庄.jpg
辛辛魚らーめん|麺処井の庄


スープはとんこつベースで、特製ラー油と特製辛魚粉・唐辛子がたっぷりと使ってあります。


そして、この人気ラーメンの商品化を企画したのはというと、名古屋の食品メーカー「寿がきや」になります。


意外と知られていないことですが、2009年の発売以来、『期間限定発売』と言う形で、毎年改良を加えて発売しています。


よく見かけるので、レギュラー商品のようにも思われがちなのですが、実は、毎年 「新商品」 なのです。


出るたびに味が進化して、少しずつ本家「辛辛魚らーめん」の味に近づいているとのことで、「毎年もっとも注目されているカップ麺」 のひとつと言えます。


ちなみに、今年の改良点は、麺を全米粒粉配分麺にしたことだそうです。

そうすることで、スープとのバランスもよくなり、食べごたえのある食感になるとのこと。


ただ単に“同じ製法”で作ればよいというものではないのですね。


最終形が発売になるのは、何年のことでしょうか。



楽天市場
posted by おは子 at 18:51| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする