楽天市場

2017年02月23日

プレミアムフライデー

明日は、いよいよ「プレミアムフライデー」の初日です。


果たしてどのような結果になるのでしょうか。


プレミアムフライデーの概要についてはニュースでもよく取り上げられていますが、おおよそ以下の通りです。

毎月、月末の金曜日は午後3時をめどに仕事を切り上げ、夕方から買い物やレジャーなどを楽しんでもらおうという、取り組み

国をあげての一大イベント(施策)なのです。


その狙いは、ずばり「個人消費の拡大」。


お金を使う時間を増やして、消費を増やそうという《魂胆》です。


この施策を受けて、居酒屋などでは、ドリンクを半額にしたり、はじめの一杯を無料にしたりと言ったサービスを始めるようです。


また、考えたなと思ったのは、楽天トラベルなどが、金曜夕方出発のツアーを企画したり、プレミアムフライデー限定のクーポンなどを配布することです。
   ↓   ↓   ↓

プレミアムフライデー楽天トラベル.jpg
http://travel.rakuten.co.jp/camp/premium-friday/


そして、この「プレミアムフライデー」の経済効果ですが、もしも 《全ての企業》 が参加した場合は、なんとたった一日で1236億円にもなるそうです。


しかし、実際には、この「プレミアムフライデー」を実施する企業に勤める人(=早く帰れる人)というのは、全体の2.2%でしかありません。

人手不足の中小企業にとっては、「とんでもない」話なのでしょうか。


また、早くに帰れる人にとっても、「プレミアムフライデー」でお金を使った分、どこかで節約しなくてはならないかもしれません。

当面は、「はじめの一杯無料」や「15時スタートのセール」など、節約しつつ楽しめるものばかりが注目されるのかもしれません。



posted by おは子 at 20:32| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする