ウイルス除去率99%チャーミスト

2017年02月06日

ダチョウ抗体マスク

先月末までに医療機関を受診したインフルエンザの患者数が、200万人を超えたそうです。

インフルエンザの予防には、うがい、手洗い、そしてマスクの着用が効果があると言われています。


そして、これから先は花粉症までが猛威を振るいます。


このような状況の中、インフルエンザや花粉症に対する効果が実証された「ダチョウ抗体マスク」というマスクがあるそうです。


文部科学省科学技術振興機構(JST)プロジェクトの一環として誕生したものです。


ダチョウ自体、なかなか馴染みのない鳥なのですが、驚異的な免疫力をもつことが知られているそうです。

ダチョウ抗体研究の第一人者である塚本康浩教授(京都府立大学・生命環境科学研究科)によると、「肉が出てしまうほどのケガを負っても、手当てをする前に治ってしまう」ということです。





この「ダチョウの免疫力」に注目した塚本康浩教授が、ダチョウの『卵』から抗体を取り出すことに成功したのは、2005年とのことでした。


そして、その「ダチョウ抗体フィルター」をマスクの不織布に組み込んだのです。


実証の結果、以下のウィルス等に対して遮断力があることがわかっています。

 ・季節性インフルエンザ(Aソ連型・A香港型・B型):感染抑制率99.9%以上
 ・新型インフルエンザ(H1N12009):感染抑制率99.94%以上
 ・鳥インフルエンザ(H5N1):感染抑制率99.9%以上
 ・鳥インフルエンザ(H7N9):感染抑制率99%以上
 ・花粉アレルゲン:アレルギー反応抑制率85%以上


マスク1枚には、約170兆個のダチョウ抗体が組み込まれているとのことです。


私は病院で薬を処方してもらうほどの重症な花粉症ではないのですが、だからこそ逆に、こういった “効果のある” マスクが必要になります。


これは、なかなか良いものを開発して頂きました。

そのうち、ダチョウ抗体入りのカーテンや網戸なども発売されそうですね。



posted by おは子 at 17:40| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする