豊洲市場ドットコム

2017年01月31日

3Dフットマッサージャー

リビングのインテリアにマッチするような “木目調のデザイン” のフットマッサージャーが発売になりました。


『amadana』と『ドクターエア』のコラボ商品「3Dフットマッサージャー amadana モデル(MF-001)」です。


『amadana』は、「FROM JAPAN GO GLOBAL」の理念のもとに、日本独自の文化をエレクトロニクス製品として展開するブランドです。

一方の『ドクターエア』は、ドリームファクトリーが展開するブランドで、「スマートデザイン」の理念のもとに、生活空間になじむ “使いやすい” マッサージツールを提供しています。


この2つのブランドがコラボした結果、“木目調のマッサージ器” が生まれました。

たしかに、今までありそうでなかったかもしれません。


フットマッサージャーとしての機能は、「ふくらはぎ」「足」「全体」の “3つのコース” と「強」「中」「弱」の “3段階の強さ” というシンプルなものです。

フットマッサージ.jpg


私は、実際に、新宿・小田急ハルクのビックカメラで、木目調でないデザインの「3Dフットマッサージャー」を試したことがあります。


足全体を包む込む感じはなかなか良い感じでした。


欲を言うと、足裏のローラーがもっと強くても良いのかなと思います。

私は、足裏に関しては、痛くて耐えられないぐらいの強さが好きなので、そのときは、前かがみになって足裏に体重をかけることにより、自力で増強しました。


そして、一番の印象としては、やはり他のフットマッサージャーに比べると、圧倒的な存在感があることです。


ふくらはぎまで無いタイプ(型)のものに比べると、どうしても大きく感じてしまいます。

そういう意味では、木目調にして、インテリアにマッチするようにしたのは、正解なのかもしれません。




posted by おは子 at 18:43| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする