楽天市場

2020年08月19日

サンワサプライ 200-CD062 ゴミを吹き飛ばして吸う掃除機

サンワサプライから、ハンディタイプの掃除機の新製品「200-CD062」が発売になりました。
 
 こちら >> ハンディ掃除機 スティッククリーナーサンワダイレクト楽天市場店


パイプの長さを延長すれば、スティッククリーナーにもなり、

 ■ 軽くてスリム

  


 ■ コードレス(充電式)

  


 ■ 付属パーツ使用可能

  


といった、オーソドックスなスタイルのハンディ掃除機ですが、他の製品にはない(と思われる)機能が、ひとつ付いています。


それは、ゴミを吹き飛ばして吸う掃除機 であることです。


本体には、「床用ヘッド」の他に「すき間ノズル」「四角形ブラシ」という2つのパーツ(ヘッド)が付属します。


 200-CD062.png


このうちの「すき間ノズル」については、本体背面(お尻のほう)にも取り付けられるような設計が施されています。


 200-CD062.jpg


このように、本来は “排気口” である本体背面にすき間ノズルを付け替えることで、掃除機が、風で物を吹き飛ばす “ブロワー” に早変わりするのです。


 


これは、新しいです。


吸い込めない大きさのゴミを吹き飛ばしたり、あるいは、すき間にたまったゴミやホコリを「一度吹き飛ばしてから吸う」などの使い方ができます。


ノズルを付け替えるのが面倒と言えば面倒ですが、いろいろな場面で使える機能だと思います。


posted by おは子 at 16:44| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

タフブローン

先日放送の『モヤモヤさまぁ〜ず2』で紹介された、横浜市青葉区田奈町にある『有限会社ドリームチーム』という “『幸せ価値』創造会社” 。

そこの “激オシ商品” が、この「タフブローン」という新素材(補修素材)です。


 

 こちら >> タフブローン ToughBraeon テープ 補修剤バランスボディ研究所


タフブローンは、一見して、ただの “幅24mmの薄い紙テープ” のように見えます。


 ToughBraeon.jpg


しかし、この薄いテープには

 @ 温めると自由に変形し
 A 冷えると金属並みの強度になる

という “驚くべき” 特質があるのです。


その強度(耐荷重)は、約450kg。


番組では、折れたハンマーをこのテープで固定し、釘を打ち付けていました。


 


使い方としては、60度以上のお湯につけ柔らかくなったタフブローンを

補修したい箇所に

 @ まずは、セロテープのように縦方向に留め
 A 次に、横方向にぐるぐると巻きつける

ように固定するのが一般的のようです。

そして、10秒ほど冷ますことで、金属のようにガッチリと固まるとのこと。


一巻きに対する耐荷重が約450kgで、複数回巻きつけることで “1トン” もの力にも耐え得ると言うのですから、これは驚きです。

 
 


 ・折れたポールの修理
 ・失くしたパーツの補完
 ・チェーンなどの結合

など、様々な場面で活躍するそうです。


 


番組では、笑いの要素も交えつつ、紹介されていましたが、実は、とても “画期的” なアイテム(新素材)です。


 


登山やキャンプなど、アウトドアでの活動が多い人は、いざというときに絶対に役立ってくれるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タフブローン ToughBraeon テープ 補修剤 応急処置 紙テープ 修理材
価格:4998円(税込、送料無料) (2020/8/18時点)


posted by おは子 at 17:01| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

ヘドラ BLAZE Ver.

ハイエンドフィギュアの製造メーカー『CCP』から、「AMC ヘドラ BLAZE Ver.」というソフビ製のフィギュアが発売になるそうです。


 HedorahBlazeVer.jpg

 こちら >> AMC ヘドラ BLAZE Ver.|SHOP.CCP.JP


映画「ゴジラ対ヘドラ」に登場する怪獣「ヘドラ」を

 @ ヘドラ上陸期
 A ヘドラ成長期
 B 煙突ヘドラ

という3形態で、リアルに再現しているとのこと。


 HedorahBlazeVer.png


なるほど、たしかにリアルです。

クリア成型を使用することで、不気味に光る感じが、よく表現されています。


ですが、実は私の中には、ヘドラがこのように “発光する” イメージはありません。


 


「ゴジラ対ヘドラ」は、私の “大好きな怪獣映画” のひとつです。


そして、ヘドラの “3形態” というと

 @ おたまじゃくし型
 A 上陸型
 B 飛行型

というのが、私の頭の中のイメージであり、どの形態でも、ヘドラは “不気味に黒い” 物体のままです。

 
  >> X-PLUS エクスプラス 東宝30cmシリーズ ヘドラ 1971


このフィギュアのように “オレンジ色に発光しているシーン” は、私の記憶の中にないので、知らぬ間に映画がリメイクされていたのかと思い、調べてしまいました。

しかし、当時のポスターの中に、今回発売となる「煙突ヘドラ BLAZE Ver.」と同じもの(画像)を見つけることが出来ましたので、映画がリメイクされたわけではないことは分かりました。

 ゴジラ対ヘドラポスター.png


ポスターでは、ヘドラはあくまでも “黒い物体(ヘドロ)” のままですが、「煙突ヘドラ BLAZE Ver.」は、“オレンジ色に発光” しています。


 HedorahBlazeVer_02.png


つまり、今回発売となるフィギュアは、あくまでも、1971年の映画をベースとした “デフォルメ版” なのです。


これで、少し安心しました。


「ゴジラ対ヘドラ」は、最新の技術を使ってリメイクして欲しいと思う一方、「絶対にリメイクして欲しくない」映画でもあるからです。


 動画視聴はこちら >> ゴジラ対ヘドラの動画視聴・あらすじ | U-NEXT



ちなみに「BLAZE Ver.」の「BLAZE」は、英語で「火炎」という意味だそうです。

「焔(ほのお)バージョン ヘドラ」といったところでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴジラ対ヘドラ<東宝Blu-ray名作セレクション> [Blu-ray]
価格:2995円(税込、送料別) (2020/8/17時点)


posted by おは子 at 19:55| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする