楽天市場

2020年02月23日

クイズ問題の宝庫 下北沢ブックカフェ RBL CAFE

先ほど放送の日本テレビ『シューイチ』で、
下北沢にあるブックカフェ「RBL CAFE」が紹介されていました。


 shop_RBL_CAFE.jpg

 こちら >> 下北沢ブックカフェ|RBL CAFE


店内の壁 “全面” が本棚になっていて、約7000冊の本が並べられています。


 RBL_CAFE.jpg


本のジャンルは、動植物の図鑑や歴史資料など様々。

文学作品はなく、専門書や雑学系の本がほとんどとのことです。


どの本も、自由に手にとって読むことができます。


そして実は、このブックカフェのオーナーは、クイズ作家である仲野隆也さん。


 


「RBL CAFE」の「RBL」とは、「Reference Book(参考図書) Library」の略。

RBL CAFE には、仲野さんが “クイズ問題を作るための資料” として集めた本(の一部)が並べられているのです。


クイズ問題(ネタ)の宝庫 とでも呼ぶべきカフェです。


以前にこの日記でも紹介したことのある「失敗図鑑」や


 

 以前の記事はこちら >> 失敗図鑑


全国の産業や文化の “発祥の地” をまとめた「日本全国 発祥の地事典」


 


過去の新聞テレビ欄と当時の世相を紹介する「ザ・テレビ欄」


 


など、今では入手困難な本も並べられているそうです。


雑学好きの人、暇つぶしがしたい人、何かのネタを探している人は、是非訪ねてみてはいかがでしょうか?


■ 下北沢ブックカフェ RBL CAFE
  東京都世田谷区代沢5-32-12
  (金・土・日・祝 13時〜22時)

 



posted by おは子 at 12:52| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

Herrmann's ヘルマン 愛犬のためのオーガニックフード

TBS『王様のブランチ』で、山本舞香が愛犬のために購入した「Herrmann's ヘルマン」のドッグフード


 HERRMANN'S.jpg

 こちら >> Herrmann’s(ヘルマン)完全無添加・オーガニックドッグフード


ドイツ産の完全無添加・愛犬のための “オーガニックドッグフード” とのことです。


ドイツの犬猫たちは、毎日、栄養バランスのよい食事を楽しんでいるらしいです。

そのドイツの犬猫たちが、夢中になって食べているごちそうを、日本のパートナーにも紹介したいということなのですが、その食材(お肉)が、あまり日本に馴染みのないものであることに驚きます。


番組で紹介されたもの(お肉)を挙げると




 ■ カンガルー(100%) >> 【ヘルマン】ヘルマン ピュア・カンガルー




  ■ ヤギ(山羊のごちそう) >> 【ヘルマン】ヘルマン ゴート・ディッシュ




 ■ うさぎ(100%) >> 【ヘルマン】ヘルマン ピュア・ラビット




  ■ ウマ(馬のごちそう) >> 【ヘルマン】ヘルマン ホース・ディッシュ


などなど。


一番人気なのは「馬のごちそう(ホース・ディッシ)」で、野菜と一緒になっているため栄養も豊富、ヘルシーで体調管理向きとのこと。


最近は、カンガルーの肉(ルーミート)が、“ギルトフリー食品” として、日本でも注目されているようですが、兎や山羊は、まだまだ食肉としては馴染んでいません。


 


これら『ヘルマン』のオーガニックフードは、人間も食べられるそうなので、愛犬と一緒に試食してみるのもいいかもしれません。


  

posted by おは子 at 15:33| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

受験生におすすめ 折れにくい消しゴム

受験に必要なものは、受験票、身分証明書、そして筆記用具(鉛筆と消しゴム)です。


 enpitsu.jpg


そして、筆記用具の中では、特に “消しゴムが重要” と私は考えます。


何故ならば、不正解の解、あるいはマークシートのミスなどを “跡形もなく” 消し去ってしまわなければならないからです。


そして、“消字能力” の他にも、受験生の消しゴムには求められることがあります。


それは “頑強さ” です。


マークシートを消している最中に消しゴムが折れてしまっては、心までが折れてしまうかもしれません。


というわけで、受験生におすすめの「折れにくい消しゴム」を2つ紹介します。


■ ひとつは、トンボ鉛筆(MONO)から発売になっている「モノタフ」です。


 

 こちら >> モノタフS トンボ鉛筆 消しゴム TOMBOW MONO


商品名からも分かるように、消しゴムの最高峰「MONO消しゴム」が、さらに “タフ” になったものです。

消しゴムの成分配合を変えたことにより、従来品に比べ、強度が8倍に増えているとのこと。


さらに、スリーブの形状を工夫する(斜めにカットする)ことで、より “折れにくく” なっているのだそうです。

 


まさに受験生の強い味方と言えます。


■ そして、もうひとつのおすすめが、サクラクレパスの「アーチ消しゴム」です。
 
 こちら >> サクラクレパス Arch アーチ 消しゴム


こちらは、消しゴムが折れる原因について研究し、スリーブの端をアーチ状に変えたことにより、劇的に折れにくくなったとのこと。


 


「モノタフ」の少し固い感じ(実際にはそれほど固くない)が嫌だという方には、こちらの「アーチ消しゴム」がおすすめです。


「アーチ消しゴム」には、さらに

 ・消しクズがよくまとまる
 ・消しゴムが汚れにくい

といった特徴もあるそうです。


消字能力自体は、どちらの消しゴムも信頼できるものですので、実際に使ってみて、消したときの感触(弾力・滑りなど)から選ぶのがよいのではないでしょうか。


posted by おは子 at 11:43| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする