楽天市場

2019年12月16日

ほぼ日 ホワイトボードカレンダー

ロフトや東急ハンズで、毎年よく売れるカレンダーと言うと、間違いなくこの「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」になるそうです。
(ロフトでは、14年連続で売上 No.1 とのことです。)


 

 こちら >> ほぼ日 ホワイトボードカレンダー フルサイズ
     >> ほぼ日 ホワイトボードカレンダー ミディアム


カレンダーの紙面がホワイトボードになっていて、スケジュールなどを何度も書いたり消したりできることが、大きな特徴です。

また、2020年版の特徴として、「東京オリンピック・パラリンピック」の開会式と閉会式の日がわかるようになっていることなどもあげられます。


 


カレンダー自体は地味なデザインですが、ペンの色を変えたり、シールやふせんを多用することで、(その月が)だんだんと見栄えのよいものへ変化していく様子を見るのもまた楽しいです。


 


私も使ったことがありますが、使い勝手がよいのは、大きいサイズ(フルサイズ版)の方です。

 ・フルサイズ版:縦438×横395mm(1マスの大きさ:幅52.5×高50mm)
 ・ミディアム版:縦310×横240mm(1マスの大きさ:幅31.5×高35mm)

ホワイトボードだと思って、大きい方を購入されることをお薦めします。


さらには、ミニサイズの卓上版も販売されています。


 

 こちら >> 【卓上】 ほぼ日 ホワイトボードカレンダー


卓上版は書き込むスペースが小さくなりますが、裏面にファイルポケットと「伝言」を書き込むスペースが付いています。

 
 


ただし、ファイルポケットに物を入れすぎると、伝言が読めなく(読まれなく)なってしまうので、気をつけなければいけません。


カレンダーを機能面で選びたい人に、絶対におすすめの商品です。


posted by おは子 at 14:56| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

エアーかおる

「エアーかおる」という “魔法のタオル” があるそうです。


 

 こちら >> エアーかおる タオル エニータイム XTC エクスタシー


このタオルの最大の特徴は
 吸水性・速乾性に優れている
ことです。


「エアーかおる」は、現在、5種類のサイズが販売されています。

 エアーかおる_size.png
 >> エアーかおる ラインナップ


よく売れているのは、「エニータイム」という “バスタオルの半分” くらいの大きさのものとのことですが、吸水性に優れているので、エニータイム一枚で、髪の毛から体全体までをラクラクと拭くことができてしまいます。


この吸水性の秘密は、製造時に用いられる「スーパーゼロ」と呼ばれる “世界にひとつしかない” 糸にあります。

綿の糸と水溶性の糸を寄り合わせて作られた特殊な糸です。


水分が入ることで、水溶性の糸は溶けます。


その結果、タオルに空気の隙間ができ、ふわふわになると同時に、吸水力がアップするのです。

さらに、この空気の隙間があるおかげで、速乾性もあり、乾くのが早いのです。


そして驚くべきことに、このふわふわ感(空気の隙間)は “ずっと続く” のだと言います。


 


「エアーかおる」は、このふわふわ感の違いなどからも幾つかのモデルが販売されています。


 エアーかおる.jpg


最上級モデルが「エクスタシー」、その次が「ダディボーイ」とのこと。

最軽量モデルの「ベビマム」などもあります。


ですので、「エアーかおる」を選ぶときは、サイズと種類(肌触り・ふわふわ感)の両方の組み合わせから選ぶことになります。

キーワード:



ちなみに、よく売れているのは

 @ サイズ:エニータイム
 A 肌触り:エクスタシー

の組み合わせだそうです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エアーかおる タオル エニータイム XTC エクスタシー
価格:2420円(税込、送料別) (2019/12/14時点)




お歳暮や贈り物にも良さそうですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エアーかおる エニータイム エクスタシー
価格:2420円(税込、送料別) (2019/12/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エアーかおる エニータイム ダディボーイ
価格:1980円(税込、送料別) (2019/12/14時点)



ラベル:タオル 吸水 速乾
posted by おは子 at 03:19| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

玉子焼が上手に焼けるフライパン

今日の『王様のブランチ(買い物の達人)』に登場した “玉子焼が上手に焼けるフライパン(玉子焼き器)” がとても良さそうでした。
 
ゲストの桐谷美鈴が「どうしても行ってみたかった」という、中野区にあるキッチン用品専門店「フライングソーサー」で見つけたものです。

フライングソーサーのオリジナル商品とのこと。


 こちら >> フライングソーサー オリジナル 鉄エンボス 玉子焼


実は、この形状の玉子焼き器(フライパン)は、今までにもありました。

当然ながら、わが家のキッチンにもあります。


しかし、このフライングソーサー・オリジナルの玉子焼き器は少し違います。


他の玉子焼き器との大きな違いは

 @ 2mm厚
 A エンボス加工


 フライングソーサーオリジナル鉄エンボス玉子焼.png

というこの2点。


厚さ2mmという “通常より厚め” の鉄製のため、蓄熱性がとてもよく、またコンロの上で安定します。

さらに、金属の表面(焼き面)に、無数の凹凸を浮き立たせたエンボス加工が施されているのです。


こうすることにより、油がなじみやすくなり、玉子がフライパンの表面に全然くっつかないのだとか。


 フライングソーサーオリジナル鉄エンボス玉子焼_02.png


その他にも、箸で玉子をひっくり返しやすいような工夫もされています。


 フライングソーサーオリジナル鉄エンボス玉子焼_03.png


道具が変わったからといって、劇的に料理が上手くなるわけではありませんが、少なくとも、このフライパンを使えば、玉子焼きに関しては “劇的に上手くなる” ような気にさせてくれる商品です。


他のキッチン用品もチェックしに、これは一度、フライングソーサーに行ってみるしかありません。


 

      Flying Saucer



posted by おは子 at 14:33| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする