楽天市場

2019年11月27日

オフィスチェア ピルエット

先ほど放送の『ヒルナンデス!』で紹介されていた、株式会社オカムラが開発した最新式のオフィスチェア「ピルエット」。


       


一見してシンプルなデザインのスツールのようですが、現在の “働き方” に合わせた機能が備わっているのだそうです。


それは、“スウィング機能” です。


 ピルエット.png

キーワード:



オカムラが「ピルエット」に求めたのは、座った姿勢と立った姿勢の利点を取り入れた「半立位姿勢(Perching)」。


 ピルエット_01.jpg


現在、デンマークでは「立って仕事をする」のが主流になっているのだそうです。

長時間の座りっぱなしは、全身の血流を悪化させ、肩こりや腰痛、肥満の原因になるからです。


日本でも、このスタイルを見習い、立って仕事をするための机などが多く開発されています。


 


そして、この新しい仕事のスタイル(スタンディングデスク)に合わせて開発された椅子が、オカムラの「ピルエット」です。


 こちら >> ピルエット スイング脚 布張り ホワイトシェル
     >> ピルエット スイング脚 布張り ブラックシェル
     >> ピルエット スイング脚 ビニールレザー ホワイトシェル
     >> ピルエット スイング脚 ビニールレザー ブラックシェル


脚や腰への負担が少なく、また、支柱がグラグラと揺れることで、立った状態に近い姿勢で、立ち座りが素早く行えるとのこと。


 ピルエット_02.png


両足に3割、座面に7割と体重が分散されるので、疲れにくく、腰への負担も少なくなります。


日本では看護師さんたちが多くこのピルエット・チェアを利用しているそうです。


そのうち日本も、デンマークのように90%のオフィスが、このようなスタイルに変わっていくのでしょうか。


 

キーワード:



posted by おは子 at 15:39| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

カップ麺 まかせ亭

サンコー(サンコーレアモノショップ)から、自動カップ麺メーカー「まかせ亭(TKCNKETT)」というアイデア商品(調理器具)が発売になりました。


 TKCNKETT.jpg
 
 こちら >> 自動カップ麺メーカー「まかせ亭」 TKCNKETT


なんと、“お湯を沸かすところまでを含めて” 自動でカップ麺を作ってくれるのだそうです。


これは、画期的です。


時間のないときや、食器を汚したくないときなどに、よく利用するのがカップ麺ですが、そのカップ麺にも “超えなくてはいけないハードル” というものが存在します。


それは、「お湯を沸かさなければならない」ということです。


それを、この「まかせ亭」は “自動で” 行ってくれるというのです。


いったい、どうやって?


商品説明には、次のようにあります。

使い方は簡単です。
 1.水を入れる
 2.カップ麺をセットする
 3.タイマーをセットしてボタンを押す
これだけで後はまかせ亭が全て調理を行ってくれます。簡単便利!

TKCNKETT_01.jpg



どうやらお水はカップ麺ではなく、本体の方に入れるようです。

ということは、@お湯を沸かして、A自動で注ぎ、B3分(もしくは5分)を計測することになります。


さらに、商品説明を読むと次のような機能についても書かれています。

 1.カップ麺を早く食べられる高速沸騰機能
 2.どんな高さのカップ麺も大丈夫、高さ調整機能
 3.本体自体がフタ代わりになるフタ機能
 4.お湯が沸いたら自動で注水し、タイマーが起動するカップ麺メイク機能
 5.600mlまでの湯沸かしに対応


ここで、注目すべきポイントは、2番目の「高さ調整機能」

 TKCNKETT_02.png

そして、3番目の「フタ機能」です。

 TKCNKETT_03.png

カップ麺のフタを完全に剥がし、本体そのものでカップを塞ぐことで “フタ代わり” にするというアイデアです。


これは、よく考えたものです。


ただし、本体よりも幅の広いカップ麺の場合は、フタは半分ほど残しておく必要があったり、注ぎ口の長さの分、1cm以上空けておかないといけないという “少々面倒な” 設定もあるようです。

 TKCNKETT_04.png


また、当然に “フタ代わり” となる本体の部分は、常に清潔に保っておかなくてはなりません。


そしてさらに、私が “特に面倒” だと感じたことがひとつだけあります。

それは、本体は “注いだ水をすべて、お湯として排出してしまう” ということです。


つまり、カップ麺に入れるお湯の分量と同じだけの水を “計測してから” 本体にセットしなくてはならないのです。

 TKCNKETT_05.png


お湯を沸かす手間に比べたら大したものではありませんが、それでも手間であることに変わりありません。

また、カップ麺側に「必要な湯量の目安」が表記されていない場合は、ほぼお手上げです。


この点は、是非とも改良して欲しいところです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自動カップ麺メーカー「まかせ亭」 TKCNKETT
価格:5980円(税込、送料別) (2020/3/22時点)



posted by おは子 at 16:36| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

着る毛布 ダメ着4G ライト

ゲーミングチェアやゲーミングデスクなど “ゲーミング家具” のブランド『Bauhutte(バウヒュッテ)』から「ダメ着4G ライト(DAMEGI 4G LITE)」という “着る毛布” が発売されました。
  
 こちら >> バウヒュッテ ( Bauhutte ) 着る毛布 ダメ着4G DAMEGI 4G LITE


暖かいフリース素材で出来たフード付きの “ポンチョタイプの部屋着” です。


ゲーマーを想定してデザインされており、ゲームプレイに役立つ数々の工夫が施されています。

 ・フードの上からヘッドフォンが装着できるヘッドフォン・スリット付き
 ・腕まくり状態をキープするための肩ボタン付き
 ・指先が自由になる可変ミトン付き
 ・スマホポケット付き
 ・脱ぎ着しやすいジッパー式
 ・洗濯機で丸洗いOK

など


 Damegi4gLite.jpg


これは、ゲームをしなくても、部屋で単にくつろぎたい人にも役立つ機能が満載です。

全然 “ダメ着” などではありません。


ちなみに、はじめに発売された「ダメ着4G(DAMEGI 4G)」は、全身をすっぽりと包む “つなぎ服” のようなデザインのものであったそうです。
 
 こちら >> バウヒュッテ ( Bauhutte ) 着る毛布 ダメ着4G DAMEGI 4G


たしかにこちらの方が暖かそうですが、「トイレにすぐに行けない」などの理由から、今回のポンチョタイプのデザインが開発されたというわけです。


なお、下半身を温める “オーバーオールタイプ” のものも発売されています。
 
 こちら >> バウヒュッテ ( Bauhutte ) ダメ着オーバーオール


特別に寒い日は、このオーバーオールとポンチョを組み合わせれば最強なのではないでしょうか。


この冬の寒さ対策にお薦めです。


posted by おは子 at 14:37| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする