楽天市場

2019年11月30日

可変式ダンベル POWER BLOCK

先ほど『王様のブランチ』の「買い物の達人」のコーナーに「POWER BLOCK」というトレーニング用品が、少しだけ登場しました。
(ゲストの武田真治が、興味を示していたものです。)
 
 こちら >> PowerBlock パワーブロック スポーツ Sport50 SP50 2個セット


プレートの付け替えの必要がない、いわゆる “可変式ダンベル” のようですが、私が知っているものとは形状が異なっています。


私が知っている可変式ダンベルは、このような形状のものです。
 
台座に乗せ、ダンベル横のダイヤルを回して(数値を選んで)からダンベルを引き上げると、設定した重さになるようにプレートを選んでくれるという優れモノです。

   アジャスタブルダンベル.jpg


いちいち留め具を外してプレートを入れ替える必要がなく、とても便利なダンベルセットなのです。


 こちら >> ダンベル・鉄アレイの比較@おすすめランキング


それが、この「POWER BLOCK」では、さらにスッキリとした形になっているように思われます。


こちらはピンを挿す位置によってプレート(ウェイト)の入れ替えが行われます。


 PowerBlock.png


そして、ウェイトがどれも(割と薄い四角形で)同じ重さになっているので、設定した重さになるように内側から順番に(外側を残して)プレートを抜き散る仕組みになっています。


 POWER-BLOCK.png


つまり、今までの可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)のように “歯抜けの形” になることがないのです。

     アジャスタブルダンベル.png


重さと形は関係ないのですが、トレーニングに使うものですから、形もすっきりしていた方が良いに決まっています。


 

 キーワード:



可変式ダンベルの購入を検討している方は、「POWER BLOCK」も候補に入れてみてはいかがでしょうか。


posted by おは子 at 15:17| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

膝専用 ひざカツ マッサージャー

寒くなると、私は膝が痛くなります。

 kansetsutsuu_hiza.png


寒さで筋肉が固まり、血行が悪くなることが原因らしいのですが、気が付くといつも膝をさすっています。


そのような私(ような人)のために、アテックスが膝専用のマッサージャーを開発・発売してくれました。


 


「ひざカツ マッサージャー(AX-HX205)」という製品です。

  こちら >> AX-HX205 アテックス ひざカツマッサージャー


10箇所・15層のエアバッグが膝周りのマッサージを行ってくれます。

 AX-HX205.jpg

そして、このマッサージャーの素晴らしいところは、「膝専用」を謳いつつも、太もも部分のマッサージも同時に行ってくれることです。
(上下を入れ替えるとふくらはぎのマッサージも行えます。)

 AX-HX205.png

私がお世話になっている整体師の先生曰く、膝の痛みは膝だけをさすっても(マッサージしても)治らないのだそうです。

膝の少し上の “太もも部分” を、膝に向かって血行を良くするように揉みほぐしてあげることが大切とのこと。





しかし、その一方で、市販されている「膝専用マッサージャー」の多くは、膝部分だけを覆うような形状のものが多いです。


    

キーワード:



この「ひざカツ マッサージャー」は

 ・強さを3段階で調整可能
 ・2種類のコースを搭載
   @ ながすコース:エアバッグが大きく圧迫と収縮を繰り返す
   A ほぐすコース:指でリズミカルに押すように細かく動く
 ・ヒーター内蔵
 ・タイマー機能付き(約10分で自動オフ)

で、膝周りと太もものマッサージを同時に行ってくれます。


今まで見た中では、一番条件が揃っている「膝専用マッサージャー」のように思います。


posted by おは子 at 08:28| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

1秒で椅子になる円盤 ミニマックススツール

「ミニマックススツール(Mini Max Stool)」という便利な椅子(スツール)が、今、大人気(品切れ&入荷待ち中)なのだそうです。


 

 こちら >> ミニマックススツール (Mini Max Stool) 折りたたみ椅子


高さ約45cmの椅子ですが、伸縮式(折りたたみ式)仕様であることが特徴です。


普段(使用前)はこのような円盤形になっています。


 MiniMaxStool.png


そして、中央付近にある2つの窪み(穴)に指を入れ、

少しひねりながら引っ張ると、このように椅子の形になります。


 MiniMaxStool_01.png


その間、わずか1秒。


“1秒で椅子になる円盤” です。


そして、さらに大きな特徴が、この「ミニマックススツール」にはあります。


それは、伸縮するセグメントが全体で120の部品によって構成されていることです。


 MiniMaxStool_02.jpg


つまり、渦巻状に伸縮する過程が、極端に言えば “120段階” に分かれているのです。

その結果、高さ約7cm〜約45cmの間で、“ほぼ無段階での高さ調整” が可能となります。

 MiniMaxStool_03.png


しかも、どの高さでも耐荷重は120kg。


キャンプなどのアウトドアグッズとして人気が高まったそうですが、個人的には、“ちょっとした作業用の椅子” として最適なのではと思います。

作業の内容によって、最適な椅子の高さというのはバラバラだからです。


折りたたむと直径25cmのただの円盤ですから、いざというときのために持っていて損はないアイテムと言えます。


posted by おは子 at 07:20| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする