楽天市場

2019年10月19日

Colorful カラフル

現在公開中のタイ映画「ホームステイ ボクと僕の100日間」




「当選しました」その声で、死んだはずの“ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになった。ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、新生“ミン”として“ボク”はもう一度人生をスタートさせる。
(「映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』公式サイト」より)


あらすじを読んで分かる通り、原作は、森絵都の小説「カラフル」です。


  

 こちら >> カラフル [ 森 絵都 ]
     >> カラフル (文春文庫) [ 森 絵都 ]


小説「カラフル」の出版は1998年ですが、私は、2010年に制作されたアニメ映画版「Colorful カラフル」でこの作品のことを知りました。


  

 こちら >> Colorful カラフル|サンライズ公式サイト
     >> https://youtu.be/3XmFSSAaeos


そして実は、2000年には 田中聖主演で実写映画化もされているのですが、私はいまだにその映画は観たことがありません。


 カラフル実写映画.jpg


私にとっては、2010年制作のアニメ「Colorful カラフル」がすべてです。


もう10年近く前の作品で、私はすっかり歳をとってしまいましたが、「(はじめて出来た)友だちと同じ高校に行きたい」と真(主人公)が訴える “夕飯のシーン” では、今も泣けます。

おそらく観た人全員が、例外なく泣くシーンなのではないでしょうか。


そして、ラスト


真の体に入り込んでいた “ぼく” が “前世に犯した罪” を思い出し、


明日へとつながります。


森絵都の小説「カラフル」が、今回、3度目の映画化ということですが、

私個人としては、この機会に、是非とも2度目に映画化(アニメ化)された「Colorful カラフル」を皆に見てもらいたいものです。


posted by おは子 at 15:47| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

ベイブレード ハイブリッドドライバー

10月19日発売のベイブレードの新商品「ベイブレードバースト B-153 GT改造(ガチンコカスタマイズ)セット」には、『ハイブリッドドライバー』という “今までにない” パーツが入っているのだそうです。


 

 こちら >> 【10月19日発売予定】 ベイブレード バースト B-153 GT改造セット


「ベイブレードバースト B-153 GT改造セット」には、ベイブレードバースト・シリーズの4つのコマとパーツが入っていて、それぞれのパーツを自由に組み合わせて、自分好みのベイブレードの改造を行うことができます。


 B-153-GT改造セット.png


そして、そのセットの中に、今までかつてなかった “画期的なパーツ” が含まれていると、発売前から話題になっているのです。


そのパーツが、『ハイブリッドドライバー』というもの。


 ハイブリッドドライバー.png


その実体は、なんと “回転軸と直結したモーター” を搭載した “電動パーツ” なのです。


 ハイブリッドドライバー_02.png


さらに “加速度センサー” までが搭載されていて、回転時(シュート時)のパワーを測定し、その結果に応じて、バトル中に「再加速」や「超加速」などを行うとのこと。

 @ パワーが弱いとき:バトルの終盤で、回転が弱まってきたときに「再加速」
 A パワーが中程度のとき:バトルの序盤に、さらに回転を増すように「超加速」
 B パワーが強いとき:バトル序盤の「超加速」とバトル終盤の「再加速」の
   “両方を” 行う

上の加速パターンから分かることは、今まで通りに、シュート時から勢いよく回転させたほうが良いということです。

そして、それ以上に明らかなことは、「ハイブリッドドライバーを搭載しているベイブレードのほうが圧倒的に有利」ということです。


実際には、「モーター(&ボタン電池)搭載の分重くなる」などのマイナス要素(?)も加わるわけですが、発売と同時に人気が殺到することは間違いありません。


ハイブリッドドライバーは「ベイブレードバースト」シリーズの全てのベイブレードに装着可能 で、なおかつ

 公式バトルでの使用も認められている

ということです。


一番はじめのベイブレードが発売されたのが、1999年7月。

発売から20年経った今になって、まさかこのような進化を遂げようとは思いも寄りませんでした。


 
  タカラトミーモール楽天市場店

posted by おは子 at 11:38| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

ドラマ 死役所

今日は、ドラマ(テレビ東京・ドラマホリック)「死役所」の第1話の放送がありました。


 

 こちら >> ドラマホリック!死役所|主演:松岡昌宏|テレビ東京


「死役所」は、「きゃりーぱみゅぱみゅが原作漫画の大ファン」とテレビで紹介されたのを見てから、私も原作のファンになり、さらにドラマ化もされるということを知って、オンエアを楽しみにしていたドラマです。


 

 こちら >> 死役所 1巻 (バンチコミックス)


そして、期待の第1話

感想を言えば

 原作の雰囲気に合っている・・・ような気がする

というのが、率直な気持ちです。


第1回目の放送ということもあって、どうしても説明的な内容になっていましたし、各登場人物(メインキャスト)も少しずつしか出てこないので、まだ何とも言えないのです。


しかし、原作の雰囲気を大きく裏切るような内容でなかったことだけは確かです。


そして、第1話で同時に感じたことは、このドラマは

 ゲスト俳優の演技力が大きく試されるドラマ

であるということです。


ドラマは、ほとんど “死役所内” で展開していきます。

つまり、“閉じられたセット内” で淡々と展開していくのです。


再現ドラマのようなものはあるものの、ゲスト俳優の方は、セット内で(デスクを挟んで)、主人公・シ村(松岡昌宏)に対し、“自分が死んだわけ” などを、“モノローグ的に” 語らなければなりません。


そして、この “自分が死んだわけ” こそが、ドラマのメインテーマなのですから、


 これは責任重大です。


当然、役者に対しは、それなりの演技力が要求されます。


そういう意味で言うと、第1話のゲスト(主役)である “自殺した少年・鹿野太一” を演じた織山尚大君は、「随分と頑張っていたな」と思いました。

後で番組のHPで知ったのですが、織山尚大君は「少年忍者(ジャニーズJr. )」というアイドルグループの一員なのだそうです。

主演が松岡昌宏ということもあってのキャスティングなのでしょうが、それだからこそ逆に、並々ならぬプレッシャーがあったのではないでしょうか。


そういうことを踏まえると、さらに評価は高まります。


これは、第2話以降のゲスト俳優の方は、絶対に気を抜くわけにはいきませんね。

ちなみに、第2話のゲスト俳優は、酒井若菜さんだそうです。





posted by おは子 at 02:14| 番組・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする