楽天市場

2019年07月25日

ソーダストリーム 違い

昨日深夜放送の『家事ヤロウ』で「世界で年間500万台売れるメガヒット商品」として紹介された「ソーダストリーム」という “炭酸水生成マシン”


 ソーダストリーム.jpg

 こちら >> ソーダストリーム


番組は「巷で話題の調理家電の値段を当てる」という企画内容でしたので、登場したのは「ソーダストリーム ソースパワー」というソーダストリームの中の “最上級モデル” でした。


 

 こちら >> ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット


「ソーダストリーム」の噂はよく耳にしますが、種類が幾つかあり、またそれぞれの機能にも違いがあるようなので、どれを買ってよいのか分からないことが難点です。


私なりに調べたところ、ソーダストリームの機種を選ぶに当たって、注目すべきポイント(機能)は、以下の4つでした。


 @ 操作が自動
 A 炭酸の強度が、目で確認できる
 B ワンタッチで着脱できる
 C ガス抜きが自動


これらのポイントの幾つをクリアしているかによって、選ぶべき機種が変わってくるのです。


当然、機種によって価格も違います。


■ まずは番組に登場した最上級モデル「ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) 」ですが、こちらが、唯一上記4つの条件全てをクリアしている機種です。

公式サイト(ソーダストリーム 楽天市場店)での販売価格は、税込 31,320円。




■ そして、@「操作が自動」以外の条件(ABCの条件)を満たしているのが「ソーダストリーム Source v3(ソース v3)」というモデルで、価格は、税込 20,520円。




■ B「ワンタッチで着脱できる」の条件だけを満たしているモデルが「ソーダストリーム Spirit (スピリット) 」で、価格は 税込 15,120円




■ 4つの条件のどれも満たしていない(すべて手動の)モデルが、「ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2)」で、価格は 税込9,900円




このように、「全自動モデル=3万円以上」「手動式モデル=1万円以下」と、その価格には大きな開きがあります。


「毎晩、ハイボールやチューハイを飲む」など、日常的に炭酸水を利用する人は、全自動モデルである「ソース パワー」を買うべきとは思いますが、たまにしか使わないのであれば、操作自体は手動(ボタンを何回か押す)でも良いのかなと思います。

ただし、炭酸の強さについては、LEDランプなどで確認できた方が良いので、そう考えると「ソース v3」モデルあたりが、ボーダーラインでしょうか。


決して安い商品ではありませんので、炭酸水の利用頻度と照らし合わせて検討されるのが良いかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット
価格:20520円(税込、送料無料) (2019/7/25時点)


posted by おは子 at 14:20| グルメ・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

デュアルフォース

今朝のフジテレビ『ノンストップ!』「いいものプレミアム」で紹介されていた、“デコボコ肌” をきれいにするという “もみ流しケアマシン” 「ミーゼ デュアルフォース」

 


“番組初登場” なのだそうです。


 こちら >> ミーゼ デュアルフォース AR1752


しかし、どうもはじめて見る感じではなく、実は、以前に登場した商品(この日記でも紹介)の新モデル(パワーアップ版)ということでした。


 以前の記事はこちら >> アセチノ デュアルサイクロン


「エステのようなもみ流しケアが自宅で出来る」という特徴(機能)はそのままに、パワーが 約1.5倍 にアップしているそうです。

この「○○倍にアップ」というフレーズはよく聞きますが、この「ミーゼ デュアルフォース」は、具体的にパワーアップしているポイントが “目で見て” 分かり、その点において “信用” できます。


まずは、装備されているローラーが太くなり、突起数が増えたことがあげられます。
 


肌への接触面が増えるわけですから、お肉をしっかりと掴むことになり、パワーも当然にアップします。


さらに打撃数(回転数)も

 ・従来モデル:1分間に6万回以上
 ・ミーゼ デュアルフォース:1分間に10万回以上

と増えており、まさに “一目瞭然” です。


また、ローラーを太くしたことにより、肌への刺激が、実は “マイルド” になったという利点まであるそうです。


 


これは、なかなか良いのではないでしょうか。


この型(パワー)が最終形なのかどうかは分かりませんが、現行モデルでは、トップクラスであることは間違いありません。


さらに、従来品と同じく、アタッチメントを替えることで、フェイスケアが行える点も変わっていません。
 
しかし、この「フェイス用(リフティング)アタッチメント」も、タッチ部分が3つから4つに増え、タッチ数も「1分間に600回」から「1分間に800回」へと増えています。


この先、どこまで増えるのか(パワーアップするのか)が気になるところですが、とりあえず現行品がどんな感じなのか試してみたいところです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


デュアルフォース AR1752

価格:21492円(税込、送料別) (2019/7/24時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝説の脂肪ほぐし (美人開花シリーズ) [ 千波 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/7/24時点)


posted by おは子 at 15:43| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

ソアリン

東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」が、本日、ついにグランドオープンとなりました。


 

 こちら >> 【公式】ソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー


ソアリンは、2001年にカリフォルニアのディズニーランドに登場した「世界12か国の “空の旅” を楽しむことのできる」アトラクションです。

 2005年:フロリダ
 2016年:上海

と導入され、いよいよ “日本初上陸” です。


ソアリン(soarin')の「soar」とは、「急上昇」「舞い上がる」と言った意味の英語です。

その名の通り、足下まで広がるスクリーンに空撮映像が映し出され、上下左右に揺れるシート、「風」や「匂い」などの効果が加わり、“実際に空を飛んでいる” かのような気分を味わえるとのこと。


私はまだ乗っていませんが、SNSの情報をまとめると以下のようになります。

 ・プレショーが既に “すごい”
 ・浮遊感が “すごい”
 ・絶叫系とは違う
 ・乗り物酔いはしない
 ・高所恐怖症の人は無理

そして、初日(開園直後)の待ち時間は 350分(約6時間) だったそうです。


これは、“絶対に” 乗ってみたいですね。


東京ディズニーシーのソアリンは、海外のものとは内容が少し違うということですので、海外から訪れる人も多いのではないでしょうか。


さらに、そういった海外から訪れる人には、「 “ここ(日本)でしか買えないソアリン関連グッズ” もまた魅力のひとつになるのでは」とのことです。


実は、海外ではソアリンは、ミッキーなどのディズニーキャラクターと組み合わせてグッズとなることがないのです。

それが、東京ディズニーシーでは

 ・操縦士姿のミッキーのぬいぐるみ(バッジ)
 ・操縦士姿のミッキーをあしらったゴーグル(ファッション用グラス)
 ・操縦士姿のミッキーをあしらったバンダナ

など、ディズニーキャラクターとコラボしたグッズが数多く売られます。


 こちら >> スペシャルグッズ|【公式】ソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー


これらのグッズ目当てで、海外から東京ディズニーシーを訪れる人が増えるとすると、(日本にとって)その経済効果は計り知れません。


そして、この「TDS版ソアリン」の最後には “東京の景色” が映し出され、さらに “スペシャルな演出” が待っているとのこと。


2〜3時間待ちは覚悟して、“なる早” で体験したいものです。



楽天トラベル

posted by おは子 at 16:32| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする