楽天市場

2019年05月19日

セキュリティスロット 増設

ノートパソコンやデスクトップPC、ハードディスクなどには、「セキュリティスロット」と呼ばれるものが付いたものがあります。


 セキュリティスロット.jpg


その名の通り、盗難対策用の小さな穴です。

この穴に「セキュリティーワイヤー」「ワイヤーロック」などと呼ばれる、端に盗難防止固定用の金具がついたワイヤーを差し込んで使用します。

商品名・キーワード:



ワイヤーのもう一方の端を、机などの “簡単に動かせないもの” などに巻きつけることで、ノートパソコンの盗難防止になるのです。


  


しかし、セキュリティスロットが付いていないノートパソコンの場合は、新たにセキュリティスロットを増設する必要があります。

そのようなときに、自分で簡単に取り付けができる “セキュリティスロット 増設用パーツ” が2種、サンワサプライ(サンワダイレクト)から発売になりました。


側面から差し込むタイプの「SLE-19P」と


 


背面(底面)から差し込むタイプの「SLE-20P」です。


 


 こちら >> eセキュリティ(L字型取り付け部品)[SLE-19P]
     >> eセキュリティ(薄型取り付け部品) [SLE-20P]


パーツの取り付けには、3M社製の強力な両面テープを採用しているとのことです。


 


「両面テープでは、力づくで持ち去られて(剥がされて)しまうのではないか」という心配もありますが、窃盗犯は “なるべく時間をかけたくない” はずなので、十分効果はあると思います。

そもそも、両面テープで取り付けられているかどうかは、窃盗犯には分からないのです。


逆に、簡単には剥がせないので、取り付けたあとで「やっぱり、やめよう」となったときに、少々困るかもしれません。


posted by おは子 at 07:36| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

火の元・戸締りチェッカー

「火の元・戸締りチェッカー」というグッズが大人気なのだそうです。


 火の元・戸締りチェッカー.png

 こちら >> 火の元・戸締りチェッカー


あまりの人気で、現在、どのショップでも2〜3カ月の入荷待ちとのこと。

 ▼ 販売店・在庫検索

商品名・キーワード:




電気やガス、窓(戸締り)など、外出する際に必要なチェック項目をひとつずつ「×」から「○」にスライドさせて、確認していきます。

キーホルダーになっているので、玄関の鍵を付けておき、最後に玄関の鍵をしめた後に、全ての項目が「○」になれば、完成です。

 


なお、チェック項目はシールになっていて、必要に応じて自分でアレンジできるようになっています。

 火の元・戸締りチェッカー02.png


さらに、自分で書き込める「フリー項目」用の白紙シールが付いている点も素晴らしいです。


 火の元・戸締りチェッカー04.png


お年寄り向けの商品として開発されたそうですが、チェック項目を工夫することで

 ・(会社などで)最後に戸締りをして出て行く人のための(防犯)アイテム
 ・ 連絡網(電話連絡)など、全員に連絡が行き届いたかどうかのチェックアイテム

 火の元・戸締りチェッカー03.png

  などなど

年齢・世代を超えて幅広い用途で利用できるのが、人気の秘密のような気がします。



防犯グッズ bohhan.com
posted by おは子 at 16:58| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

ペンシルフレークアート

鉛筆の “削りカス” のことを今は「ペンシルフレーク」と呼ぶのだそうです。

 ペンシルフレーク.jpg


そして、このペンシルフレークを使った「ペンシルフレークアート」という作品(芸術ジャンル)があるそうです。


 ペンシルフレークアート.jpg

 (「株式会社中島重久堂(@njk_japan)さん | Twitter」より)


例えば、下の画像の「鉛筆削り」を使うと、“削る行為自体が、ペンシルフレークアート” になるとのこと。


 8[eit]DoublebladePencilsharpener.jpg


ペンシルフレークアートを発信する『株式会社中島重久堂』が開発した「8[eit] Double blade Pencil sharpener」という鉛筆削りです。


 こちら >> 新商品|中島重久堂


鉛筆が “倍速で” 削れるように “2枚刃” 構造になっています。

さらに、削りカスが飛び散らずにケース内に収まるよう設計されています。


この “ケース内で、削りカスが左右に分かれて拡がっていく様子(造形美)” が、芸術の都パリでは “オブジェ” として注目を浴びているのです。


この鉛筆削り「8[eit] Double blade Pencil sharpener」は、現在、『銀座ロフト』にて先行販売中です。

 こちら >> 中島重久堂の鉛筆削り|ロフト


そして、さらにもうひとつ


削りカスが花びらの形になる「花色鉛筆」という鉛筆があります。


 花色鉛筆.jpg

 こちら >> 花色鉛筆 - TRINUS (トリナス)


日本を代表する “伝統的な花” の「かたち」と「色」を持った鉛筆です。


この「花色鉛筆」と「8[eit] Double blade Pencil sharpener」とを組み合わせることで、さらに素晴らしい作品が生まれそうですね。


 


大人になると、絵を描く機会が少なくなり、同時に鉛筆を使う機会も減ってきます。


そのようなとき、“鉛筆を使うこと自体がアートになる” このようなアイテム(文具)は、かなり面白いのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクラが咲く サンスター文具 さくら鉛筆 ピンク
価格:425円(税込、送料別) (2019/5/15時点)


posted by おは子 at 11:26| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする