楽天市場

2019年03月25日

noie-style ウォールドキュメントファイル

リヒトラブの “ noie-style シリーズ” の新商品「ウォールドキュメントファイル」が、今、注目を浴びているそうです。


 

 こちら >> リヒト【noie-styleシリーズ】ウォールドキュメントファイル A4サイズ
     >> リヒト【noie-styleシリーズ】ウォールドキュメントファイル A5サイズ


noie-style(ノイエスタイル)は、株式会社 LIHIT LAB(リヒトラブ)が提案する「ファイリング」の新しいスタイルです。

ラベル色を自由に変更することができたり、クリアファイルのままファイリングすることのできるファイルサイズなど、“インテリアと共存するファイリング” を目指しています。


 


これまで、リングファイルやクリヤーブック、ボックスファイルなどがリリースされてきましたが、先月発売となったこの「ウォールドキュメントファイル」は、書類の収納がしやすい “ジャバラ構造” のファイルとなっています。


 ウォールドキュメントファイル.png


壁面やデスクの横、ロッカーの横などを有効に活用できる “吊り下げ式” となっているところが大きな特徴です。

 ウォールドキュメントファイル01.png

ファイルどうしで(あるいは別売りのウォールポケットと)連結させたり、付属のジョントフックを使用することで、鍵などを吊り下げておくスペースにもなります。


 

 
宅配便送り状やハガキなどがすぐに収納できるように普段は開いておいて、来客時など、スッキリとさせたいときには “閉じるだけ” でOKです。


オフィス用に開発(デザイン)された製品のようですが、一般の家庭でも十分に役に立ちそうです。


その他の noie-style シリーズ商品と併せて、家の中で散らばっている書類をスッキリさせるのも良いかもしれません。




 
posted by おは子 at 15:02| 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

チコちゃんの声で叱られる チコっとボイスチェンジャー

NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』のチコちゃん “の声で” 叱られる「チコっとボイスチェンジャー」という玩具が、タカラトミーから発売になるそうです。


 チコっとボイスチェンジャー.png

 こちら >> 「チコちゃんに叱られる!」チコっとボイスチェンジャー


この機械を通すと誰でもチコちゃん(の声)になることができるボイスチェンジャー(変声機)です。


6月下旬の発売予定ですが、通販サイト「タカラトミーモール」にて4月17日より予約受付を開始するとのこと。

 
    タカラトミーモール楽天市場店


本体は、大きく以下の3つの機能をもっています。

 @ 自分の声が “チコちゃん” の声風に変わる
 A チコちゃんの表情が変わる
 B チコちゃん本人の声も聞ける


 チコっとボイスチェンジャー01.png


本体横には「A」「B」2段階のチューニングスイッチを搭載。

サンプリングをもとに設定されており、スイッチの切り替えで、年齢や性別など関係なしに “誰が使っても” チコちゃんに近い声になるそうです。


 チコっとボイスチェンジャー02.png

さらに、本体のトリガーを引く毎にチコちゃんの表情(まぶた)が3段階に変化(上下)します。

  チコっとボイスチェンジャー03.png   チコっとボイスチェンジャー04.png

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の台詞のときは目を吊り上げ、質問するときは惚けた表情にするなど、使い分けができるようになると楽しいかもしれません。


  チコっとボイスチェンジャー05.png

さらに、本体上部のボタンを押すことで、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の台詞が “チコちゃん本人の声で” 再生されるようになっていますので、本物の声で叱ることもできます。


現在、『チコちゃんに叱られる!』の人気は凄まじく、次々とグッズ類が登場しています。

そしてついに、“誰でもチコちゃんになれる” ボイスチェンジャーまでが登場です。


今後、どのようなグッズが登場するのか、楽しみなところですね。


posted by おは子 at 08:18| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

マンガ大賞 2019

「マンガ大賞 2019」が発表となり、先ほど放送の『王様のブランチ』では、トップ10作品が紹介されていました。

 マンガ大賞2019.png

  こちら >> マンガ大賞2019


トップ10作品は以下の通りです。


■ 大賞:彼方のアストラ [ 篠原健太 ]

 

■ 2位:ミステリと言う勿れ [ 田村 由美 ]

 

■ 3位:ブルーピリオド [ 山口 つばさ ]

 

■ 4位:違国日記 [ ヤマシタトモコ ]

 

■ 5位:サザンと彗星の少女 [ 赤瀬由里子 ]

 

■ 6位:北北西に曇と往け [ 入江 亜季 ]

 

■ 7位:金剛寺さんは面倒臭い [ とよ田 みのる ]

 

■ 8位:メタモルフォーゼの縁側 [ 鶴谷 香央理 ]

 

■ 9位:ハクメイとミコチ [ 樫木祐人 ]

 

■ 10位:凪のお暇 [ コナリミサト ]

 


読んだことのある作品もありますが、今回はじめて知る作品も意外と多いです。

昔はアニメ関係の仕事をしていたので、ほとんどの漫画作品を読んでいたのですが、歳をとるにつれて “マンガ離れ” してきたのでしょうか、


その中で(今回のトップ10作品の中で)、私が「読んでみたい」と思った作品は、第8位の「メタモルフォーゼの縁側」です。


 ためし読みはこちら >> メタモルフォーゼの縁側 第1話|コミックNewtype


主人公は、2年前に夫を亡くした75歳のおばあちゃん

 メタモルフォーゼの縁側01.png

ある日、たまたま寄った書店で、何の気なしに買ったのが “BLマンガ” 。

 メタモルフォーゼの縁側02.png

このことがきっかけで、17歳の書店員(BL好きの女子高生)との間に友情が生まれるというもの。


75歳と17歳という組み合わせも面白いし、BLがきっかけというのも面白いです。

昔はパラレルワールド系のSF漫画が好きだったのですが、歳をとると、漫画の趣味も変わってくるようです。



人気コミックを全巻セット

ラベル:マンガ 漫画 大賞
posted by おは子 at 17:11| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする