楽天市場

2019年01月22日

ふせんサイズの電子メモパッド Boogie Board BB-12

キングジムから発売の電子メモパッド「Boogie Board」シリーズに、ふせんサイスの新商品「BB-12」が加わりました。


 BB-12.png

 こちら >> キングジム【BoogieBoard((ブギーボード)】電子メモパッド


Boogie Board(シリーズ) は、現在9タイプが発売されています。

 BoogieBoard.png


 ▼ 商品検索はこちらから

商品名・キーワード:




その特徴は

 @ 持ち運びに便利なコンパクト&軽量サイズ
 A ボタンを押すだけで画面を消去できる簡単操作
 B 何度も繰り返し使える耐久性
 C 筆圧を感知し、まるで紙に書くようななめらかな書き心地

などなど


 


そして、今回発売となる「BB-12」は、86mm×86mm という “ふせんサイズ” で、これまで発売になった中で “最もコンパクト” なサイズのものになります。

付箋紙感覚で、ちょっとしたメモに使うことが出来、さらに裏面にマグネットが付いているので、冷蔵庫などに貼り付けることも出来るのです。

 BB-12_02.png


これは、便利ですね。


いろいろなシーンで使えそうです。


posted by おは子 at 15:52| デジタル・モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

シャワーヘッド 美髪 bihatsu

『所さん お届けモノです!』で、「シャワーヘッド 美髪 bihatsu」というグッズが紹介されていました。

 

 こちら >> 美髪 bihatsu シャワーヘッド/鳥越樹脂工業


洗髪の際にシャワーヘッドに取り付けることにより、ヘッドスパ効果を生み出すというグッズです。


製作は、鳥越樹脂工業という、自動車のバンパーやナンバープレートのフレームなど、樹脂を使った自動車部品を製造する愛知県の会社。

その樹脂加工の技術を活かそうと、現在は、幅広く生活雑貨品などのアイデアについて「提案から最短3日で製品化」することを売りにしているそうです。


その鳥越樹脂工業の最近のヒット商品がこの「シャワーヘッド 美髪 bihatsu」です。

  bihatsu.png


シャワーヘッドの先にブラシ付きのカップが取り付けられています。


はじめは、このブラシで、シャワーを浴びながら頭皮をマッサージするグッズなのかと思ったのですが、そのような単純なものではありませんでした。


ポイントは、ブラシとヘッドの間にある “カップ” です。

このカップ(ブラシ)を頭皮に押し付け、シャワーから勢いよくお湯を出すことにより、カップの中にお湯が溜まり、“対流” が巻き起こります。

まずは、この対流により、毛穴の汚れなどをしっかりと洗い流します。


また、カップは柔らかい素材で出来ているので、強く押し込むと中のお湯を勢いよく排出することができます。

この勢いにより、さらに地肌をきれいに洗い流すことができるのです。


 


また、“ミックスジェット” 機構が搭載されており、お湯の中に空気を溜め込むことにより、“勢いはそのままに” 節水することができるとのこと。


 


これは、いいですね。

気持ち良いばかりか、節水効果まであるとは素晴らしいです。


特にスポーツ刈りなど短髪系の人にお薦めしたくなります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美髪 bihatsu シャワーヘッド/鳥越樹脂工業
価格:8800円(税込、送料無料) (2019/1/21時点)


posted by おは子 at 17:06| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

トーストスチーマー

現在は、様々な種類のトースターが発売になっていますが、その中でも特に画期的なものは、やはりバルミューダの「BALMUDA The Toaster」でしょう。
 
 こちら >> BALMUDA The Toaster | バルミューダ


パンを焼く前に、5ccの水をトースター本体(上部の給水口)に注ぐことで、表面がサックリとして、中はフワフワとしたトーストが焼き上がります。


そして、こういった機能を併せ持つトースターですから、価格は2万円以上と、トースターとしては高額な部類に入ります。


ところが、わずか1,000円ほどの価格で、BALMUDA The Toaster と同じように “カリカリ&フワフワ” のトーストを焼くことができるアイテムが、生活雑貨品のメーカー・マーナから発売されました。


「トーストスチーマー」という製品です。


 トーストスチーマー.jpg

 こちら >> トーストスチーマー


“スチーマー” とは言っても特別な機械ではなく、製品は、食パンの形をした “素焼きの陶器” になっています。


使い方も「陶器を20秒ほど水に浸してからトースターに入れ、パンと一緒に焼くだけ」という簡単さです。

 トーストスチーマー02.jpg トーストスチーマー03.jpg


「陶器(トーストスチーマー)から蒸発した水分がトースター内に充満して、スチーム効果を生み出す」という単純な仕組みなのです。


 


しかし、その単純な仕組みが、バルミューダ同様に “カリカリ&フワフワ” のトーストを焼き上げてしまいます。


これは素晴らしいです。

よくぞ思いついたものです。


なお、陶器は熱くなっている可能性があるので、小さな食パンと間違えて、手で掴んでしまわないように気をつけなければなりません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トーストスチーマー
価格:1166円(税込、送料別) (2019/1/19時点)


posted by おは子 at 08:24| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする