楽天市場

2018年06月12日

純金製 ラオウの拳王兜 限定5個を発売

『北斗の拳』の連載開始が1983年ということで、今年は「北斗の拳 35周年」の年なのだそうです。

そのため、関係各社では様々な “35周年プロジェクト” が始動しているようですが、その中のひとつに「北斗の拳 “純金製”拳王兜」の発売があります。


 拳王兜.jpg

 こちら >> 北斗の拳 “純金製”拳王兜(1/4スケール)


言わずと知れた “拳王(長兄)ラオウ” の兜です。





『北斗の拳』の中で、拳王軍を率いたラオウが被っていた兜のデザインを忠実に再現し、さらに “純金製” で製作し、発売するというプロジェクトです。


実は、この「拳王兜」は「北斗の拳 25周年記念」の年に「1/1拳王兜」として一度発売されたことがあります。


拳王兜_25周年.jpg

 こちら >> 北斗の拳25周年記念作品 『拳王 兜』 1/1スケール


製作は、本物の甲冑の復元なども手がける株式会社謙信が手がけました。


原作中のデザインを忠実に再現しつつ、実際に使用される兜の機能性と材質を加味して製作された “武具” で、なおかつ、実際に被ることができる1/1スケールでの製作というのが、何よりも魅力的でした(現在完売)。


今回発売となる純金モデルも同じく株式会社謙信の原型を使用していますが、完成サイズは “1/4スケール” になるということです。

さらに、25周年の「1/1拳王兜」が、“限定30個” の製作であったのに対し、今回の「純金製 1/4拳王兜」は、わずか “5セット限定” の製作です。


何故ならば、純金(24金100%)で製作した場合、1/4スケールでも、その値段は “250万円” になってしまうからです。


単純計算で、1/1スケールモデルで製作すると “1000万円” の超超高額商品になってしまいます。

(ちなみに、「1/1拳王兜」の値段は486,000円でした。)


今回は、実際に被って楽しむことはできませんが、観賞用工芸品ということで、桐箱ではなくガラス製ケースを付けての発売となります。(武論尊氏と、原哲夫氏の直筆サイン入り)

拳王兜02.png

さらに「シリアルナンバー入り」ということですので、かなり高い確率(5分の1)で “ナンバー1” もしくは “ラストナンバー” の商品を手にすることができます。


またとないチャンスです。

いかがでしょうか。





ラベル:北斗の拳 純金
posted by おは子 at 17:12| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

スクワットスリール

フジテレビ『ノンストップ!』の「いいものプレミアム」で「スクワットスリール」というトレーニング器具が紹介されていました。


スクワットスリール04.jpg

 こちら >> スクワットスリール AR1513


トレーニング器具とは言っても、見た目は、ただの椅子(スツール)のようです。

しかし、この上に座って上下するだけで、効果的なスクワット運動を行うことができます。

椅子の脚部分に内蔵されたガスシリンダーが上下運動を補助してくれるからです。


スクワットスリール.png


開発したのは、スポーツメーカー大手のMIZUNO(ミズノ)です。


スクワット運動は、脚のももの筋肉を鍛えるのに有効な運動です。


スクワットスリール02.jpg


しかし、無理をしたり、間違ったやり方をすると膝などを痛める心配がある運動でもあります。


スクワットスリール03.jpg


その点、このスクワットスリールは、膝を前に出し過ぎるということがないので、膝に負担をかけることがありません。


スクワットスリール.jpg


さらに座面に付いた傾斜が、骨盤をしっかりと立たせ、背中をまっすぐに伸ばした “正しいフォーム” へと導いてくれます。


この “背中を伸ばし、膝を前に出しすぎない正しいフォーム” でスクワット運動が行えることで、“スクワットスリール有り” の方が、「はるかに楽なのに、効果がある」という嬉しい結果をもたらしてくれるのだそうです。


トレーニンングをしていないときは、“普通の椅子” である点も素晴らしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


スクワットスリール AR1513

価格:12852円(税込、送料別) (2018/6/11時点)



posted by おは子 at 18:02| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

クールマジック 富山サンダー

こちらも、情報源はTBS『王様のブランチ』になります。

関東もついに梅雨入りし、さらに台風も接近しているということで、『王様のブランチ』の「ランキングリサーチ」のコーナーでは、特別編ということで、世界最大級の傘の専門店である「Waterfront」のリサーチが行われていました。


梅雨の季節になると、雨が降っている降っていないにかかわらず、とりあえず鞄の中には、いつも折り畳み傘を1本は携帯しておきたいものです。

さらに、台風まで近づいているとなると、“強風に強い” 傘が欲しくなるものです。


 ・毎日携帯しても苦にならない位に軽量
 ・コンパクトな折りたたみ傘
 ・台風にも耐える位の耐風性


これらの条件を満たした傘としては、私は、いまだに「ペンタゴン79」を超える傘を知りません。


pentagon79.jpg


「ペンタゴン79」は以前にもこの日記で紹介させて頂きましたが、“重さがわずか79g” であるにかかわらず、“台風クラスの強風にも耐えられる” という実験結果が得られている “折りたたみ傘” なのです。


 以前の記事はこちら >> 最軽量にして最強の折りたたみ傘 ペンタゴン79


しかし、今日の『王様のブランチ』の放送を観て、もう1本買っておきたい傘が見つかりました。

しかも、今度のは折りたたみ傘ではないので「ペンタゴン79」と被りません。


番組で「男性に人気No.1」の傘として紹介されていました「クールマジック 富山サンダー」という傘です。


クールマジック-富山サンダー.png

 こちら >> ウォーターフロント クールマジック富山サンダー


ネーミングもすごいですが、一番の注目ポイントは、その “撥水性の良さ” です。

水をジャバジャバかけても、まったく生地が濡れる気配がありません。


梅雨の季節は、常に傘を持ち歩く形になるので、逆に、さしていないときの傘の状態(濡れ具合)がとても気になるものです。

その点につき、この傘は閉じたらそのまま(服などが濡れることを)気にせずに持ち歩くことができるので、とても良いのです。


そして、70cmの大型サイズにもかかわらず、強風にも耐える強度を持つFRP(繊維強化プラスチック)の骨を使用しているとのこと。


これは、是非購入して、大雨の日にその “濡れなさ具合” を体験してみたい傘です。


posted by おは子 at 08:45| 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする