楽天市場

2019年11月15日

ホタルック機能付きの子供部屋ライト

株式会社ホタルクスから、「ホタルック機能付きの子供部屋LEDシーリングライト」が発売になるそうです。


 HLDC08223SG.png

 こちら >> HotaluX HLDC08223SG 「銀河鉄道」 ホタルック機能 留守タイマー
     >> HotaluX HLDC08224SG 「お城物語」 ホタルック機能 留守タイマー


「ホタルック機能」というのは、株式会社ホタルクスが開発した技術のことで、簡単に言うと “消灯してもほのかに明るい照明技術” のことです。


技術的には

照明を点灯している間にホタルック点灯回路に充電し、その蓄えたエネルギーを使って淡いブルーグリーンの光を点灯している
 

のだそうです。

 こちら >> ホタルック機能|照明ワンポイントアドバイス|ホタルクス


  ホタルック機能_消灯イメージ.jpg


私は子供の頃、部屋を真っ暗にすると眠ることができなくて、いつもオレンジ色の小さな明かりを点けていましたが、あれが “淡いブルーグリーンの光” になったものと考えればよいかもしれません。


しかし、オレンジの光とは大きな違いがあり、それは、ホタルックの光は「点灯に際し、電源を必要としない」ということです。


 ホタルックの光.jpg


そして、「消灯の後に暫く点灯する」ということですから、停電などで明かりが消えてしまったときでも、電源を必要とせずに、暫くの間、ほのかに明るい状態が続くということになります。


 ホタルック機能_02.png


さらに、このシーリングライトには「かんたん留守タイマー」という機能も搭載されています。

リモコンの「留守番」ボタンを押すと、シーリングライトが一定の間隔で “点灯” と “消灯” を繰り返してくれるという機能です。

留守にもかかわらず、“あたかも人がいるかのように” 装うことができるのです。


これは、便利な機能ですね。


 @ 暗がりが怖い子供にも安心
 A 停電時の非常灯代わりに
 B 防犯対策としても


と便利な機能満載の「ホタルック機能付き子供部屋LEDシーリングライト」は、 「銀河鉄道」 と「お城物語」の2つのデザインが発売です。



防犯グッズ bohhan.com
posted by おは子 at 11:12| インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

低温 DE クッカー

今朝放送の『ノンストップ!』で「低温 DE クッカー」という “低温調理器” が紹介されていました。

しかも、番組初登場の商品ということで、今だけ “半額以下” での提供とのことです(18日までの期間限定)。


 

 こちら >> 低温DEクッカー


低温調理は、「シーヴィード」と呼ばれる調理方法であり、日本では昨年、「UMAMI家電」という名前で低温調理器がヒット商品となりました。

「焼く」「蒸す」「煮る」に続く “第4の調理法” で、お肉などが柔らかく調理できることで注目されています。
 
昔から、高級レストランで用いられてきた手法です。


その調理方法は

 @ 食材を
 A 一定の温度を保ったまま
 B 長時間加熱する

というもので、

Aの「一定の温度を保つ」のが難しく、なおかつ、B「長時間」ついていないといけないので、一般家庭にはあまり普及しなかったのです。


そこで、UMAMI家電(低温調理器)の登場です。


「低温 DE クッカー」を例にとると

 @ 大きめの鍋に “水” を入れる
 A 低温 DE クッカーを鍋の縁に挟む
 B 温度と時間を設定
 C 設定温度になったら、密閉袋に入れた食材を鍋に投入する
  
という手順になり、Cの後は、時間が来るまで “ほったらかし” でOKなのです。


最近では、低温調理器も多くのメーカーから発売されるようになり、価格も随分と下がってきました。

キーワード:



低温調理器の魅力は

 @ 高級レストランの味が自宅でできる
 A ほっからかしで調理してくれる

ということに加え

 B 火を使わない

ということが言えます。


手間がかからない上に、安全なことが、とても素晴らしいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

低温DEクッカー AR1806
価格:10780円(税込、送料別) (2019/11/14時点)


posted by おは子 at 13:41| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

電動式2枚刃で何でも切れる エレクトリックナイフ

先日、日本テレビの『シューイチ』を観ていたところ、“超最新アウトドアグッズ特集” ということで、「エレクトリックナイフ」という商品が紹介されていました。


 エレクトリックナイフ.jpg


電動式2枚刃で、パンでも肉でも、何でも “キレイに” 切れる「電動ナイフ」です。

番組ではメーカー名などの紹介はなかったのですが、調べてみたところ、サンコー(サンコーレアモノショップ)で販売されている「エレクトリックナイフ SECSKHKR」という製品でした。


 こちら >> 【公式】サンコーレアモノショップ |「エレクトリックナイフ」


輸入品のようで、現在は品切れ中(来年1月以降に入荷見込)とのことです。


 Amazon 出品あり >> 「エレクトリックナイフ」 SECSKHKR


キレイに切れる仕組みは、2枚の刃が電動で交互に動くことで、パンやケーキのようなやわらかいものでも、押さえつけることなくに切ることができるからです。


 エレクトリックナイフ_02.jpg


『シューイチ』では、やわらかい食パンを数ミリの厚さに(キレイな断面で)切っていました。


現在、品切れ中ということですが、調べてみると同じ仕組みの電動ナイフが、ブラックアンドデッカー社からも発売されています。


 

 こちら >> ブラックアンドデッカー(BLACK&DECKER) 電動ブレッド&マルチナイフ EK700


「高速で2枚の刃が動く」との説明があるので、仕組みとしては同じものです。

商品名上は「ブレッドナイフ(パン切り包丁)」となりますが、商品説明画像で、のり巻きやトマトなども切っているので、パンに限定しているわけではなさそうです(肉まで切れるかどうかは未確認)。


これは、“萌え断” な料理(サンドイッチなど)を切るときに役立ちそうですね。

商品名・キーワード:




ラベル:パン 電動 ナイフ
posted by おは子 at 08:07| 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする