楽天市場

2022年10月02日

消せる筆ペン

こちらも『所さん お届けモノです!』で紹介されていました。

 所さんお届けモノです.png


株式会社エポックケミカルが開発した「消せる筆ペン」という文房具(習字練習用品)です。


 

 こちら >> 消せる筆ペン ホワイトボード用倉敷文具RUKARUKA


特殊なインクが使われていて、ホワイトボード(もしくは専用のPP和紙)に普通の習字のように書くことができます。


 


そして、インクが乾いたならば、ティッシュで簡単に拭き取る(消す)ことができるのです。


 


つまり、何度でも練習をすることができる ということです。


 


「失敗したら」というストレスがなくなるばかりか、カバンの中(習字セットの中身)もスッキリします。


 消せる筆ペン.png


「これから習字を始めてみたい」という大人の人にもお薦めしたい商品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消せる筆ペン 専用カートリッジ大容量タイプ14ml
価格:308円(税込、送料別) (2022/10/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消せる筆ペン 専用カートリッジ
価格:220円(税込、送料別) (2022/10/2時点)


posted by OHAKO at 01:01| Comment(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

シェイプエイト

『所さん お届けモノです!』で、「シェイプエイト」というフィットネス用品が、紹介されていました。


 


大きめのクッションのような形をした 家庭用のトランポリン です。


 

 こちら >> シェイプエイト gymterior (ジムテリア)楽天市場


以前に、「パーフェクトエクサ」という同じような商品が『ノンストップ!(いいものプレミアム)』で紹介されていて、この日記でも取り上げたことがあります。

 以前の記事はこちら >> パーフェクトエクサ|気ままな日記
  
また、同じような(さらに他社の)製品が多くの通販番組で取り上げられているのを見た記憶も有ります。


 


どの製品がオリジナルなのかは分かりませんが、相当に流行っている ことだけは確かなようです。

そして、どの製品にも共通して言えることは、スプリングのような高反発力と衝撃吸収力を持つ “ファイバー素材” が、「跳ねる」ための仕組みとして採用されていることです。


 スプリングファバー


中身がファイバー素材であることで、普段はクッションやオットマンとして使えるだけでなく、トランポリンとして使用したときに 音が静か で、マンションなども利用できることが人気の理由のひとつのようです。


 シェイプエイト_02.jpg


また、「シェイプエイト」に関して言えば、他製品(四角形)と違って、形が八角形 であることも大きな特徴です。


 


単なるデザインの問題ではなく、八角形にすることで、四角形よりも(有効)着地面が広くなり、エクササイズがやり易いのだとか。


 シェイプエイト.jpg


そして、今日の放送(所さんたちの実演)を見て分かったことは、思った以上に高く跳ねる ということです。


安全面にも気をつけなくてはなりませんが、相当な運動量になるように思います。


 
posted by OHAKO at 20:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月30日

モレキュル Air Mini+

「Molekule Air Mini+(モレキュル エアーミニプラス)」という、光触媒技術を利用した空気清浄機があるそうです。


 

 こちら >> Molekule Air Mini+ (モレキュル エアー ミニ プラス) 楽天ビック


光触媒(フィルター)は、 “光” が当たることで、吸着したウイルス等を “水” と “二酸化炭素” に分解する性質を持つフィルターで、以前にこの日記では、カルテックの光触媒除菌・脱臭機「TURNEDK(ターンドケイ)」を紹介したことがあります。


 フードフレッシュキーパー_01.jpg

 以前の記事はこちら >> カルテック 光触媒 除菌・脱臭機 TURNEDK ターンドケイ


Molekule Air Mini+ には、「PECOフィルター」という米国特許技術のフィルターが搭載されています。


 


このPECOフィルターに用いられているのが光触媒技術で、従来の「HEPAフィルター」に比べて 1000分の1 の小さな物質を除去することができるとのこと。


 


そのため、吸入した空気を1回、PECOフィルターに通すだけで、
ウィルスを99%除去 することができるそうです。


 PECOフィルター.jpg


そして、Molekule Air Mini+ は、前モデル「Molekule Air」に比べてサイズがコンパクトになったばかりでなく、「粒子センサー」と「(ファンの)自動調整システム」が新機能として搭載されたことも大きな特徴です。


新型コロナウィルスの影響で注目されることになった “光触媒技術” を利用した空気清浄機は、これから先も、さらに進化を遂げるのではないでしょうか。


posted by OHAKO at 08:16| Comment(0) | 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月29日

スマホ毛布

冬が近づいているということもあって、現在、大バズリ中の “あったか寝具”


 


それが、『ニトリ』の スマホ毛布 です。


   

 こちら >> 2枚合わせ スマホ毛布 シングルニトリ


この毛布の大きな特徴は、毛布に腕を通すことのできる 2つの穴 が開いていることです。

 
  ゲーミング毛布.png


この穴があることで、「布団(毛布)に入ったままスマホを操作することができる」というわけです。


 


同じような仕様の毛布を、実は、以前にこの日記で紹介したことがあります。


 ゲーミング毛布_02.jpg


ゲーミング家具ブランド『Bauhutte(バウヒュッテ)』の「ゲーミング毛布」という商品です。
 
 以前の記事はこちら >> ゲーミング毛布|気ままな日記


2つの商品のコンセプトは、まったく一緒です。

毛布の裏生地に 吸湿発熱・蓄熱機能 付きの素材が使われていることまでが、一緒です。


 


この2つの商品の “違い” をひとつ挙げるならば、「ニトリの商品(スマホ毛布)のほうが、圧倒的に安い」ということです。


 


「ゲーミング毛布」が 12,800円であるのに対し、ニトリの「スマホ毛布」のほうは、半額以下の 3,990円〜5,990円なのです。

さすが、「お、ねだん以上。」です。


温かさという点では、ゲーミング・ブランドのほうが “上” であるような気が(あくまで個人的に)しますが、試しに使ってみるには、ニトリの「スマホ毛布」で十分なのではないでしょうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2枚合わせ スマホ毛布 シングル(Nウォーム BE S A2217) ニトリ
価格:3990円(税込、送料別) (2022/9/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2枚合わせ スマホ毛布 シングル(NウォームSP BR S A2217) ニトリ
価格:4990円(税込、送料別) (2022/9/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2枚合わせ スマホ毛布 シングル(NウォームWSP S A2217) ニトリ
価格:5990円(税込、送料別) (2022/9/29時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バウヒュッテ ( Bauhutte ) ゲーミング毛布 BHB-1600-BU
価格:12800円(税込、送料別) (2022/9/29時点)


ラベル:寝具 毛布 スマホ
posted by OHAKO at 16:43| Comment(0) | インテリア・食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月28日

らくらくマイカート エコカ

『ノンストップ!』の「いいものプレミアム」に「らくらくマイカート エコカ」という “買い物便利グッズ” が登場してきました。


 

 こちら >> らくらくマイカート エコカディノスTVショッピング


なんと、(自分専用の)ショッピングカート です。

これは珍しいです。


「番組初登場」とのことですが、通販番組にショッピングカートが登場してくること自体、私ははじめて見ました。
 
しかも、この商品の紹介のために現れたのが、
 伝説の実演販売士 レジェンド松下
なのです。

 レジェンド松下.png


この時点で、このショッピングカートが「タダモノではない」予感がします。


このショッピングカートの特徴は大きく3つ

 @ 重たい物もラクラク運べる
 A ワンタッチで折り畳める
 B 面倒な袋詰めが不要


ということです。


@ は “言わずもがな” ですが、A の「ワンタッチで折り畳める」というのが、見ていて「想像以上に軽そう」なので、びっくりしました。
 
片手で押し下げるだけで、軽くペシャンコになってしまうのです。
 
車の場合は、そのまま荷台に乗せることができます。
 
また、最大積載量は30kg(上段25kg+下段5kg)で
 
お店の「買い物カゴ」とぴったり同じ大きさのマイバッグ(保冷バッグも有り)が付いており、会計後の「面倒な袋詰めが不要」であることも大きなポイントです。


 


会計用のカゴ(レジ店員が移し替えるカゴ)に、予めマイバッグ(保冷バッグ)をセットしておけばよいだけだからです。
 
前輪が360度回転し、店内での移動が楽々行える点も素晴らしいです。


 


(車でない方は)一般道をショッピングカートを押して歩くことに、はじめは抵抗があるかもしれませんが、毎日の買い物に使っているうちに、それが普通になるのではないでしょうか。


高齢者の方に “歩行器代わり” にプレゼントするのも良さそうです。



posted by OHAKO at 16:14| Comment(0) | 生活家電・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする