楽天市場

2017年06月27日

両面ホットプレート

アイリスオーヤマの『なるほど家電』シリーズ「両面ホットプレート(DPO-133)」が、今、大人気なのだそうです。


両面ホットプレート01.png

 こちら >> 両面ホットプレート DPO-133 アイリスオーヤマ | 楽天市場


左右に独立したプレートが用意されたホットプレートです。


さらに「平面プレート」「ディンプルプレート」「たこ焼きプレート」の3種類のプレートが付属しています。

両面ホットプレート02.png


つまり、「左側のプレートではお好み焼き、そして右側のプレートではたこ焼き」というようなことを可能にしたホットプレートなのです。


そしてさらに、独立しているのはプレートだけではなりません。


「温度調整」が、左右のプレートごとに独立しているのです。


ですので、調理温度の違う料理であっても “同時に” 楽しむことが出来ます。


さらには、たとえば焼肉で、片方のプレートを保温設定にしておけば、焼けたお肉を移すことにより、黒こげになることを防ぐことができます。


アイデア次第では、もっともっとたくさんの調理方法が生まれそうです。


両面ホットプレート03.png


さらにさらに、使い終わったら、本体を折りたたんで立てておけるので、使わないときの収納も通常のホットプレートのように広い面積を必要としません。


これは、大人気なのもうなずけます。


見た目もお洒落なので、パーティなどで活躍しそうですね。



posted by おは子 at 19:45| 生活家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

日清食品 黒歴史トリオ

7月3日、日清食品から「黒歴史トリオ」というカップ麺3商品が発売になるそうです。

過去に一度発売になったものの、諸般の事情により売れ行きが伸びず、発売中止となった「黒歴史」を持つという商品です。


その “諸般の事情” につき、日清食品側は「時代が追いついていなかっただけ」としています。

今こそ「本気を見せるとき」なのだそうです。


発売となる3商品は以下の通りです。


日清食品 カップヌードル サマーヌードル

カップヌードル-サマーヌードル.png

トムヤムスープをベースにレモングラスをきかせたカップ麺です。

1995年の夏に発売されました。

当時はレモングラスの存在も広くは知られておらず、エスニック料理も今ほど一般化していなかったので、受け入れられなかったのだそうです。


日清食品 どん兵衛 だし天茶うどん

どん兵衛-だし天茶うどん.png

ほうじ茶をベースとしたカップうどんです。

2002年に “お茶ブーム” に合わせて発売したものの、受け入れなかったそうです。

当時のキャッチコピーは「あっさりこってり」。

“出汁ブーム” の今なら、受け入れられると信じての再発売です。


日清食品 焼そば 熱帯U.F.O.

熱帯U.F.O..png

タイ風(パッタイ風)の甘辛いエスニック焼そばです。

2002年の夏に発売になりました。

当時はエスニック風焼そばが一般化していなかったので、受け入れられなかったとのことです。


以上の3商品が、再発売になるのですが、この中では「焼そば 熱帯U.F.O.」がとても食べてみたいです。

というよりも、パッタイ味であれば、エスニック料理ブーム前であっても普通に受け入れられたはずなのにと思います。


あくまでも、個人的な見解ですが、エスニック風にしようとして、味を少し辛くしてしまったのではないでしょうか。

商品説明の「甘辛い」という部分がとても引っ掛かります。


パッタイはとても美味しいですが、決して辛くはありません。


この手の商品を開発する人は、まずはエスニック料理を理解するところから始めるべきだと思います。



posted by おは子 at 16:02| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ゴム底の下駄

「ゴム底の下駄」が販売されているそうです。

日田杉下駄02.png


天然木の下駄ですが、底がゴムで出来ているのです。

日田杉下駄.png


歯がないので、“下駄ではない” とも言えますが、履き心地は “下駄そのもの” です。


製造しているのは、作務衣工房として知られる『江戸てん』。


 こちら >> 【江戸てん】 日本製 天然木 日田杉下駄(黒ゴム底)


軽くて丈夫な大分日田杉を使用しています。


下駄の良いところは、何と言っても “履いたり脱いだり” が楽ちんなところです。

靴下が要らないので、洗濯物も減ります。


もちろん、サンダルでも同じような効果はありますが、やはり 天然木で出来た下駄は “足触り” が全然違います。


また、下駄を履くことにより「健康になる」ことも知られています。


下駄で健康になる理由は、おもに以下の通りです。

 ・足指の付け根のあたりに重心がかかるので、姿勢がよくなる
 ・足裏のツボや土踏まずが刺激されるので内臓の働きがよくなる
 ・足指の運動になる
 ・足指を締め付けないので外反母趾の予防になる
 ・通気性が良いので水虫の予防になる


このように良いことだらけとも言える下駄ですが、ひとつ困ることと言えば、歩くと 「カランコロン」 と音をたてることです。

あの音が良いという人もいますが、少なくとも、下駄を履いていることが周囲にばれてしまいます。


そのようなとき、この “ゴム底の下駄” が活躍します。


いかがでしょう。


同じく『江戸てん』の製品で、ゴム底で出来た「草履」もあるそうです。
    ↓   ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


日本製 竹皮表草履 刺子鼻緒 ゴムスポンジ底 刺子紺

価格:2700円(税込、送料別) (2017/6/25時点)


posted by おは子 at 22:14| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする